1. TOP
  2. 未分類
  3. 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

 2020/05/13 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 567 Views

お部屋を広くしたいなら、思いきってベッドを替えてみよう!

今のお部屋、「もっと広かったらなあ」と思ったことはありませんか?
いろいろな家具や家電を置いて物が増えていくうちに、どうしてもお部屋はどんどん狭くなっていくものです。
かといって捨てられるものもないし…という方におすすめなのが「ベッドの買い替え」です。
なぜベッドの買い替えかおすすめなのか?それは「ロフトベッド」という、お部屋のスペースを最大限に有効活用できるアイテムがあるからなんです!
ちなみに、「ベッドの買い替え」というとなかなか痛い出費になりそなイメージがありますが、調べてみると案外1万円台からでもたくさん種類があるのです。もちろんロフトベッドもありますよ。

ロフトベッドの魅力はなんといっても「ベッド下収納」

「ロフトベッドがお部屋のスペースを最大限に有効活用できる」理由は、今は無駄になってしまっている「お部屋の縦の空間」を活用できるからです。
ロフトベッドとは横になるベッド部分が高い場所にあるデザインのベッドです。梯子や階段などが付いており、それを登ることでベッド部分にあがれます。
つまり、ベッド下のスペースはその他の家具を置いたり収納したり好きに使用できるんです!
ベッドを置いていたスペースが空くようなイメージなので、例えば今までベッドサイドに置いていたチェストや場所を取っていたテレビなどをベッド下に収納すれば、お部屋はぐーんと広ります。
「引っ越しの予定はないけど今の部屋じゃ狭すぎる…」と感じている方は、ぜひロフトベッドへの買い替えを検討してみましょう!簡単にお部屋が広くなりますよ。

収納スペースにもなるなど使い勝手が抜群♪♪

ロフトベッドにすることで、ロフトベッド下収納部にラックであったり、収納ボックスをこの場所に置くことができ、片付けがとても捗るというメリットがあるでしょう。
部屋の置き場所に困っている方にとって、ロフトベッド下収納部はまさに救世主となる存在ではないでしょうか。パズルをするような感覚で収納していくことができるため、ロフトベッドの空いたスペースを上手に使うことで、掃除や片付けが楽しくなります。
もしアパートやマンションのワンルームであっても部屋を有効活用でき、
家具や椅子、デスクなどをロフトベッド下に置くことができるのです。

部屋が狭くて置き場所がほとんどない場合、ロフトベッドにすることにより、
悩みを解消できる可能性が高くあるでしょう。ワンルームだとどうしてもスペースが限られているために、できるだけ部屋を有効活用したいのが当然です。
そこで、通常のベッドではなく、ロフトベッドに変えることで、これまでに比べて部屋を有効活用できます。
本棚を置くのも良いですし、衣服やちょっとした荷物をこの場所に収納するのも良いです。さまざまな使い方ができるのがロフトベッドなので、非常に使い勝手が良いのが特徴になります。

\ SNSでシェアしよう! /

ロフトベッドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロフトベッドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッドは大きくて圧迫感がある」は間違い?コンパクトなロフトベッドの魅力

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

関連記事

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • ハイタイプロフトベッドの特徴

  • 人気のロフトベッド10選を紹介♪

  • パイプロフトベッドと木製ロフトベッドの特徴は?違いを知って購入しよう!

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 激安ロフトベッドの選び方!格安ロフトベッドはコスパ抜群