1. TOP
  2. 未分類
  3. ロフトベッドの高さを確認!

ロフトベッドの高さを確認!

 2020/05/13 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 55 Views

ロフトベッドの高さを確認!

秘密基地のようでワクワクすると、多くの人から愛されるのがロフトベッドです。
狭い部屋のスペースを有効活用できたり、パーソナルスペースを簡単に作れたりと、さまざまなメリットがあります。
ロフトベッドには3種類の高さと、高さが調節できる商品がありますが、どの高さを選ぶべきでしょうか?ここではロフトベッドの高さの種類、そしてそれぞれのメリットを紹介していきます。

ロフトベッドの高さは4種類!

ロフトベッドの高さは3種類あります。ハイタイプ、ミドルタイプ、ロータイプですね。
それにさらに高さが都合にあわせて調節できる商品もあり、全部で4種類の中から選びます。
それぞれの高さは以下の通りです。

  • ハイタイプ・・・180cm前後
  • ミドルタイプ・・・160cm前後
  • ロータイプ・・・120cm前後

高さが調節できるタイプのものは、ミドルタイプからハイタイプに調節が可能、という商品が多いです。

高さ別のメリットとは?

では、ロフトベッドのそれぞれの高さにはどんなメリットがあるでしょうか?1つずつ紹介していき。

ハイタイプ

ハイタイプは180cm前後の高さがあり、その下の空間も最も広くなっています。
メリットは、部屋のスペースを有効活用できること、そしてカスタマイズが自由という点です。ベッド下も140cmほどありますので、机や本棚を置いて書斎化することもできますし、テレビにソファーセットを置いてくつろぎ空間にもできます。
また、収納庫とするならウォークインクローゼット並みの収納スペースとなり、カーテンをつければ完全にプライベートな空間にすることも可能です。

ミドルタイプ

ミドルタイプのロフトベッドは目線の高さ、160cm前後です。
メリットは、高さがないためにはしごを使う怖さがないこと、ハイタイプに比べると揺れが少なく強度が高いことがあります。
ミドルタイプになるとベッド下に机を置いて書斎化に、というのは少々難しいです。しかし、大き目のタンスや収納ボックスを置いたり引き出し机を仕舞うには、まだ十分な高さがあります。
ローソファーをおいて本棚に漫画を並べ、「まったりスペース」として楽しむ学生さんもいますし、ハンガーラックを設置して洋服をつるす方もいます。

ロータイプ

ロータイプは高さが120cm前後で、圧迫感を感じない高さですね。
メリットは、天井の高さを気にせずに済むこと、価格が安いこと、事故の危険性が低いことです。
狭い部屋にハイタイプのロフトベッドを置くと、スペースの有効活用はできますが圧迫感はすごくなります。しかしロータイプであれば、目線よりも下なのでほぼ気になりません。
また、収納ボックスなどが仕舞える高さはありますので、自由に収納ボックスなどを使ってクローゼット化が可能です。
最も良いのは、危険性が少ないことでしょう。落ちても大丈夫な高さであり、揺れやきしみもほとんどありません。

都合にあわせて高さを選ぼう!

ベッド下の空間を、何に使いたいのかを決めてから、高さを選ぶようにしましょう。
高さの調節が可能なロフトベッドは価格は上がりますが、使う人の都合にあわせて変化させることができて便利です。
スペースの用途、危険性、圧迫感が平気かどうかなどを基準にして、購入してくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ロフトベッドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロフトベッドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッドは大きくて圧迫感がある」は間違い?コンパクトなロフトベッドの魅力

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

関連記事

  • パイプロフトベッドと木製ロフトベッドの特徴は?違いを知って購入しよう!

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • ロフトベッドのレイアウト次第でスペースを上手に活用

  • ロフトベッドの重要ポイント!耐荷重はチェックしてますか?

  • ロフトベッドで、一人暮らしの部屋を広く有効活用

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方