1. TOP
  2. 未分類
  3. ロフトベッドのレイアウト次第でスペースを上手に活用

ロフトベッドのレイアウト次第でスペースを上手に活用

 2020/05/13 未分類
この記事は約 2 分で読めます。 230 Views

皆さんはお部屋の一番大きな面積をとっているベットがお部屋を圧迫していると
感じたことはありませんか?

ベッドをロフト式のものに変えてお部屋のレイアウトを変えてみてはいかがでしょうか。
そもそもロフトとは屋根裏部屋という意味で、ベッドを天井近くまで持ち上げることで下に生まれた空間を自由にレイアウトする家具です。

使用するユーザーの年齢層も幅広く、子供部屋から、一人暮らしまで長く使っていただける商品です。

ロフト下に生まれた空間はデスクを置いたり、テレビを置いたりレイアウトの自由度は高く、自分好みにカスタマイズすることが可能です。
お部屋の狭さや、収納にお悩みの方はベットをロフトベットに変えるだけで生活が変わること間違いなし。

ここだけの話ですが、ロフト付きベットは非常にメーカー間の競争が激しい商品なので格安、激安で見つけることが可能です。
普通のベッドを購入するのと変わらないくらい安いんです。

この記事を見ていただいた皆様には、是非この機会にロフトベッドの活用法を知っていただき、お好みのレイアウトでお部屋を広く有効活用をしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ロフトベッドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロフトベッドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッドは大きくて圧迫感がある」は間違い?コンパクトなロフトベッドの魅力

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

関連記事

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

  • 大人でも安心!頑丈なロフトベッドを選ぶには?

  • 低めロータイプのロフトベッドは子供部屋におすすめ♪

  • ロフトベッドで便利に収納

  • ロフトベッドの重要ポイント!耐荷重はチェックしてますか?