1. TOP
  2. 未分類
  3. 『ロフトベッド』と『システムベッド』は違う?その違いと比較

『ロフトベッド』と『システムベッド』は違う?その違いと比較

 2020/05/13 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 338 Views

一見同じに見えるロフトベッドとシステムベッド

引っ越しをするとき、一人暮らしを始めるとき、自分の部屋を持つとき。
新しい場所で生活を始めるタイミングで絶対に必要となるのが、寝るところ。
布団を床に敷いて寝るという方がいる一方、最近ではベッドを購入される方が多いことと思います。
でも人がひとり横になれるベッド、限られたお部屋のスペースに置くにはちょっと大きいですよね。
そんなときに活躍するのがロフトベッドやシステムベッド。お部屋のスペースを有効活用してくれるこれらのベッドはとても便利です。
でも「ロフトベッド」と「システムベッド」、実は違いがあるのをご存知でしょうか?

ロフトベッドとシステムベッドの違い

「ロフトベッド」は横になるベッド部分が高い場所にあり、その下に大きなスペースがあるデザインのベッドです。梯子や階段などが付いており、それを登ることでベッド部分にあがれます。
一方「システムベッド」は、ベッド部分が高い場所にあるのはロフトベッドと同様ですが、その下のスペースにあらかじめデスクや収納部が用意されているデザインのものを指します。
どちらも空間の高さを生かすことができるので、ワンルームや限られたスペースのお部屋に置くにはぴったりのベッドです。

ロフトベット・システムベットのメリット

ロフトベットの最大のメリットはベット下がフリースペースになっており、狭い部屋でも賢く空間を活用できることにあります。例えば、ベット下のデスクを置いて勉強やお仕事したり、ソファーを置いてくつろぎの空間にできます。また、収納スペースを確保する為に、タンスや収納ケースを置く事で、すっきりとしたお部屋にすることができます。
一方システムベッドについてですが、実際に購入するセット内容にもよりますが、基本的には収納やデスクなどが付属しているため、家具を一つずつ買いそろえる必要が無く、単品で揃えるより、お買い得になる事があります。更には色・デザインが統一されている事でお部屋に統一感が生まれ、おしゃれに見えます。

実際に購入するならロフトベッドとシステムベッド、どっち?

では、新しい生活を始めるときにロフトベッドやシステムベッドの購入を検討した場合。どちらを購入するのがおすすめなのでしょうか?
システムベッドは前述の通り、デスクや収納部などベッド以外の機能がセットになっているデザインのものなので、自分の必要な機能にぴったりのものが見つかれば1台買うだけですべて付いてくるのが嬉しいですね。
ロフトベッドの場合、基本的にはベッドとしての機能しか付いていません。しかし、ベッド下の広いスペースの使い方は無限大。あなたのお好みの家具を置いてみたり、秘密基地みたいに演出してみたり。お部屋のレイアウトにこだわりたい方は自由度の高いロフトベッドを選ぶのがおすすめです。
「絶対にこっちの方が良い!」という正解はありません。あなたのお部屋に置いたときのことをイメージしてみて、自分に合ったベッドを見つけましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ロフトベッドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロフトベッドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッドは大きくて圧迫感がある」は間違い?コンパクトなロフトベッドの魅力

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

関連記事

  • 大人でも安心!頑丈なロフトベッドを選ぶには?

  • 低めロータイプのロフトベッドは子供部屋におすすめ♪

  • 子供部屋にぴったり!ロフトベッドで広々空間に♪

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • ロフトベッドで便利に収納

  • ロフトベッドの高さを確認!