1. TOP
  2. 未分類
  3. 大人でも安心!頑丈なロフトベッドを選ぶには?

大人でも安心!頑丈なロフトベッドを選ぶには?

 2020/05/13 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 65 Views

大人でも安心!頑丈なロフトベッドを選ぶには?

大人から子供まで人気があるロフトベッドですが、背が高く体重が重い大人が使う場合、やはりその頑丈さを不安に思うこともあるでしょう。
大人が寝返りをしても揺れが少なく、快適な寝心地を提供してくれる頑丈なロフトベッドは、どう選ぶべきでしょうか?
ここでは大人でも安心して眠ることができる、頑丈なロフトベッドの選び方を紹介していきます。

大人がロフトベッドを選ぶ際のポイントは?

体重がある大人がロフトベッドを選ぶ際には、以下の3つのポイントに気を付ける必要があります。

  • 強化材が使われているか
  • 横揺れ対策がされているか
  • 耐荷重はクリアしているか

強化材が使われているか

ロフトベッドには木材と金属とかありますが、木材はしなやかで柔らかくナチュラルなのが、金属のパイプは細くて頑丈さでスタイリッシュなのが特徴です。
その中で頑丈さを重視するのであれば、「強化パイプ」であったり「極ふとパイプ」といった強く太いパイプでフレームが作られているものを選ぶようにしましょう。
木製が好き、という方は、できるだけ太くて硬い木材を使っているロフトベッドがおすすめです。

横揺れ対策がされているか

ロフトベッドはミドルタイプやハイタイプのようにベッドの位置が高くなればなるほど、揺れの問題もついていきます。
体重がしっかりある大人が寝ころび、寝返りをうつとなればさらに揺れるはずです。
ですから、購入するなら横揺れ対策がなされているものにしましょう。
筋交いが設置されているか、確かめてくださいね。メーカーによっては1カ所だけでなく、3カ所も設置しているところもあります。
当然、揺れのレベルは大きく違ってきますし、頑丈さも違うでしょう。

耐荷重はクリアしているか

ロフトベッドにはそれぞれ耐荷重があります。
耐荷重とはそのベッドフレームがどれだけの重さに耐えきれるか、といった基準の数値ですが、一般的なロフトベッドの耐荷重は80kgから100kgです。
ただし、この数値には本人の体重だけでなく、ベッドマットレスや布団類、小物類などが含まれます。
ですから体重が重い大きな男性であれば、耐荷重も大きな数値のものを選びましょう。その分頑丈に作ってあります。
ハイタイプのロフトベッドでも、なかには130kgの耐荷重という商品もありますので、探してみてくださいね。

大人が選ぶロフトベッドは頑丈さが大切!

スペースを有効活用できる、そして冒険心を刺激することで人気のロフトベッドですが、大人が選ぶ際には頑丈さは重要です。
万が一ベッドフレームが折れてしまったりすれば、ケガの原因になってしまいます。
揺れの問題もありますので、安心して眠りたいのであれば頑丈さは気にしてください。
強化材が使われているか、筋交いの設置はあるかなど、ポイントをチェックしてから購入しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ロフトベッドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロフトベッドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッドは大きくて圧迫感がある」は間違い?コンパクトなロフトベッドの魅力

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

関連記事

  • ロフト付きベッドが人気!メリットとデメリットは?

  • パイプロフトベッドと木製ロフトベッドの特徴は?違いを知って購入しよう!

  • ロフトベッドで便利に収納

  • 低めロータイプのロフトベッドは子供部屋におすすめ♪

  • ロフトベッドの重要ポイント!耐荷重はチェックしてますか?

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に