1. TOP
  2. 未分類
  3. 低めロータイプのロフトベッドは子供部屋におすすめ♪

低めロータイプのロフトベッドは子供部屋におすすめ♪

 2020/05/13 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 542 Views

ロータイプのロフトベッドは子供部屋におすすめ♪

小学校に入学するぐらいの時期になると自分の部屋を欲しがるお子様も多いですよね。
私自身もちょうど小学校入学したての頃に引越しをしたのですが、引っ越し先の部屋を見に行った際に、まだ住むと決まってもいないのに自分の部屋だと自慢げに言っていたことを今でも覚えています。
また小学校に入ると学校から宿題も出されるようになりますよね。
そういった時も自分の部屋や机があった方がやる気が出るでしょうし、片付けや自分の服を綺麗にたたんで収納する意欲も出て、良い習慣としても身につきます。

そんなお子様のために用意したお部屋が狭くても、その空間を有効活用できるのがロフトベッドです。
またロフトベッドは子供の憧れでもあると思います。
私も小学生の頃、ロフトベッドが欲しくて親に頼んで買ってもらったことがあります。
狭い空間を有効活用できるということだけでなく、お子様にとっては自分だけの空間となり、まるでおうちの中に秘密基地ができたような感覚で楽しんでもらえると思います。

今実際にご使用されているお部屋が狭いという方も、これからお部屋を用意するという方でも、ロフトベッドを上手に使うことお子様が喜んでくれるお部屋になることでしょう。

安心、安全なロフトベッドの選び方

通常使用において問題はない商品とは言え、使う本人がお子様だと、
予期しない使い方をすることも多々あるかと思います。その中で、より安全で安心なロフトベッドの選び方を簡単に紹介させていただきます。

ロフトベッドは空間を有効活用できるという事もあり、昨今人気の高い家具の一つですが、安心、安全なものを選ぶには、以下の2つのポイントがあります。

  1. 耐荷重の大きさ
    耐荷重はロフトベッドのフレームの強さを表す一つの指標となっており
    耐荷重が重いほど、安心・安全なロフトベッドということになります。
    耐荷重はできるだけ重いものを選ぶと良いでしょう。
    特に小さいお子さまがいる方は、一緒に寝床にて過ごすこともあるので、
    二人以上が乗っても安心して使えるくらいの耐荷重がベストです。
  2. はしごの仕様
    ロフトベッドの寝床に行く為に上るはしごも重要です。はしごで足をすべらせて大けがにつながることもありますので、できるだけ降りやすいはしごである必要があります。はしごのステップの形状はできるだけ広く滑りにくいものを選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ロフトベッドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロフトベッドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • シングルサイズのロフトベッドで一人暮らしのお部屋も広々・快適に

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • 「ロフトベッドは大きくて圧迫感がある」は間違い?コンパクトなロフトベッドの魅力

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

関連記事

  • 子供部屋にぴったり!ロフトベッドで広々空間に♪

  • 人気のロフトベッド10選を紹介♪

  • 大人もワクワク!ロフトベッドの楽しみ方

  • ロフトベッドの重要ポイント!耐荷重はチェックしてますか?

  • 「ロフトベッド下収納」を使えばお部屋がもっと広くなる!

  • ハイタイプロフトベッドの特徴